北大ビブリオバトルでのチャンプ本が決定

ビブリオバトル

7日、北大で、北海道大学図書館サークルSapollo主催によるビブリオバトルが行われました。

ビブリオバトルの対象は、らんこし作家デビュープロジェクトで出版された38冊の本でした。

25人ほどの観客が見守る中、3名の北大生のバトラーが自分たちが選んできた本を紹介しました。

最後に、観客による投票が行われ、「私が介護の仕事を選んだきっかけ」がチャンプ本に決定しました。

3名のバトラーが選んだ本と主な紹介コメントです。
*紹介コメントは大幅に要約しているため、バトラーの表現と異なる可能性があります

◆私が介護の仕事を選んだきっかけ(著:佐々木洋平)

http://p.booklog.jp/book/82225/read

介護というと重いイメージがあるが、作者の等身大が綴られている。
内容が堅苦しくない。
介護の仕事を選んだ理由はあるが結論がない。
今回の本出版プロジェクトがなければ世に出ていない本。
それが逆にリアリティがある。
大学生は就活に関心があるが、このような率直な意見も聞きたいと思う。

◆きのこ回文絵本 この木にきのこ(著:中嶋潔)

http://p.booklog.jp/book/82564/read

最初から最後まできの子の回文。上から読んでも下から読んでも同じ。
作者と絵を書いた人が違う。作者はきのこアドバイザー、絵は小6の子。
北海道と沖縄の合作もいい。回文がおもしろく、絵もハイセンス。
大人になって回文や絵本を読むことがない。
わくわくしながら読める。
読むとニヤニヤするし、息抜きしたい時などにおすすめ。

◆少年よ大志を抱け(著:クラーク)

http://p.booklog.jp/book/83146/read

有名スポーツ選手の子供の頃の作文が2つあって、
その後に作者の書いた作文がある。
作者は不明だが、大きな夢を感じた。
同時に、私はどんなことをしたいのかを考えるきっかけになった。
作者は家族が大好きな人で、この人の周りは楽しいそうだと感じた。
どの有名スポーツ選手か、夢の内容などは読んでからのお楽しみ。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • k
    • 2014年 7月 09日

    「私が介護の仕事を選んだきっかけ」(著:佐々木洋平)を紹介させていただいた者です。
    恐縮ですが、こちらに書かれている紹介コメントの要約に関して、少々補足させてください。

    私は、昨今、「就活」をはじめとする「かくあらねばならぬという社会の規範」に急かされるようにして、
    「(自分には)関係ない」、「意味がない」ことを、無用なものとしてシャットアウトしている大学生が少なからずいる事実に、
    同じ大学生として、危機感を感じています。
    なぜならそれが、大学の中に残る、有用/無用という基準にとらわれずに、様々な事を考え語り合う文化の衰退に繋がる問題だと思われるからです。

    佐々木さんが綴られた「介護の仕事」への率直な想いは、多くの大学生にとっての関心事である「仕事」と、
    (自分に)関係ないものとしてシャットアウトしがちな「介護」というテーマの両方を含んでいます。
    加えて、読みやすくコンパクトでありつつも(結論が)まとまってはいない、しかし、まとまっていないからこそ、
    その文章には”現実”を感じさせられます。

    そうした特色を持つこの本を媒介に、私は、「仕事」や「介護」やその他の様々なことについて、他の大学生たちと話がしたい、
    また、読んだ人同士が、ときに立ち止まって考えながら、語り合って欲しいと強く思い、今回のビブリオバトルにて紹介させていただいた次第です。

    最後に、なかなか取り上げられにくい一般の方の<声>を本という形にし、私にそれと出合うきっかけを下さった関係者の皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。

  1. 2014年 7月 09日
    トラックバック:この木のこ | スタッフブログ
*

Upcoming Events

There are no upcoming events at this time.

ページ上部へ戻る