北海道の和太鼓の共演「鼓魂東西」:10月

image001

倶知安羊蹄太鼓保存会 「鼓流」主催による太鼓イベントで、
毎年行われている。
「鼓流」は年間の活動も道内にとどまらず、海外の万国博覧会で
演奏に行ったりと北海道でも注目されている太鼓グループでもある。
小学生のジュニアから外国人まで、メンバーの域は幅広い。
「鼓魂東西」は道内で活躍している太鼓保存会が集まり、
遠くは旭川、帯広市など、文化の伝承・創作太鼓チーム約25組が
はるばる倶知安の地で演奏をする。
開始は午前11時。
午後4時ころまで太鼓の響きがホールに伝わる。
イベントのラストは、
故高田緑郎氏が築き上げた「羊蹄太鼓」を
参加チームが集まって演奏を行う。
このイベントをきっかけに太鼓に参加したい人も多くいるそうだ。
ニセコの太鼓文化をダイレクトに聞きに行きたいときには、絶好の機会である。
高田氏が作った「羊蹄太鼓」「ふきだし太鼓」「SL太鼓」を是非堪能して欲しい。
イベントは毎年10月の中旬に開催されている。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

*

Upcoming Events

There are no upcoming events at this time.

ページ上部へ戻る